ENEDOの北米RS日記

~ ENEDO's Playing Diary in North American REDSTONE ~

Profile
Author : ENEDO
- Since January, 2009 -

* == 随時更新中 == *
All Archives
Latest Entries
Latest Comments
Category
Calendar
09 | 2018/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Monthly Archive
Tag Crowd

元・やる気勢

2009.11.18 02:08

category : 近況報告

こんにちは。

最近はやる気が起きないですね~。

原因は私のプレイしているキャラクターが全員Lv600を超えてしまった事にあります...。
レベリングが終わり、狩りをする理由がなくなってしまいました。

そろそろメインクエの欠片出しや装備強化の為のお金稼ぎ等の目的が無いと狩りする気がおきないですよ。
(現在の北米鯖の通貨は無価値、私も100億くらいまで数えていたが、使い途が無いため増える一方。)

というわけで、もう一度モチベーションを取り戻す為には
新キャラを作成するしかないと考え、2人の育成候補を挙げてみました。


【 育成候補 1. Anemone 】


3月に紹介して以来 10 レベル程度しか上がっていないネクロ悪魔 Anemone です。
日米通してネクロ悪魔は未経験なので、この子であれば楽しくプレイできる気がします。


【 育成候補 2. 転生 Endo 】


元メインテイマが Lv600 台のファミリアを引き連れて転生します。(予定)
狩り効率も良さそうですし、なにしろテイマーですのでドロップにも超期待できます。

勢い余って、転生失敗なんて事の無いように確認もしっかりしました。



null さんから成功者の話を聞けました、転生自体は可能なようです。
マジックバッグ x4 が引き継げないようですが、
北米鯖ではマジックバッグ x4 でも実質 1000 円程度の出費でしかないので買い直しもありです。
よく考えれば称号クエやメインクエ(part2 までですが)もやり直しになりますね...。


...


......


.........


............


『 やっぱり面倒なのでやめましたw 』
『 元・やる気勢としてまったり静観します。 』


転生システムの実装予定がある以上もったいないよね...。





[ Halloween Present ]
攻城戦後にギルドホールへ戻ってみると...



なんと!ギルメンの TBP こと TheBestPriest のハロウィンプレゼントが待っていました!


[ DXU : Bow of Knowledge (知識の弓) ]


『 装備 Lv722 !! 』

TBP、ありがとう。(^▽^)
だが、そのレベルまで行けたら俺は物理アチャに転向してしまいそうだよ...。


tags : Endo Anemone DXU

Comments:

Comments:を投稿















 Only the blog author may view the comment.

Trackbacks:

TB*URL

Welcome
Total visitors :
Real time visitors :
Search Form
Translation WEB site

Link
Blog Banner
当ブログはリンクフリーです。
ご自由にどうぞ。


size : [ 88 * 31 ]

size : [ 200 * 40 ]
RSS
Blog Price
Add Friend Form
QR Code
QR
Official RED STONE
©2009 L&K Logic Korea Co., Ltd. All Rights Reserved.
© 2009 K2 Network, Inc. All rights reserved worldwide.
©2009 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.


当サイトで利用している画像及びデータは、株式会社ゲームオンに帰属します。 許可無くご利用又は転用になられる事は出来ませんので、予めご了承下さい。

Copyright ©ENEDOの北米RS日記. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.